ホーム > 特集ページ一覧 > あ・えーる特集

vol.27

秋田空港おみやげ広場
あ・えーる

あ・えーる特集

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

秋田のおみやげなら「秋田空港おみやげ広場 あ・えーる」で必ず見つかる!

秋田の玄関口である「秋田空港」。2階にある「秋田空港おみやげ広場 あ・えーる」には、県内各地の特産品などが数多く販売されており、秋田の良いものがここに集結されていると言っても過言ではない。そのラインナップと、お店の魅力について今回は売り場マネージャーである加藤さんにお話してもらった。

蔵風に作られた陳列棚

蔵風に作られた陳列棚には、杉玉も飾られている。

2013年7月にリニューアルオープンしたこの店舗は、到着ロビーと大きなガラスで隔てられており、滑走路から自然光が差し込むため、とても明るい。レジカウンターや陳列棚などに秋田杉をふんだんに使用しており、柔らかな印象を与えてくれる。スペース内で商品の見せ方を定期的に変えることができるよう、棚などはほとんどが可動式。そのため、季節ごとにそのレイアウトを変更することも可能だ。壁が設けられていないので、入りやすく出やすい造りとなっている。気軽に店内をぐるりと回れるので、商品を探しやすいのも嬉しい。

限定酒や人気の銘柄など充実のラインナップが魅力

試飲できるお酒

試飲できるお酒もあるので、ぜひお気軽にスタッフまで!

新商品や目玉商品

新商品や目玉商品などが正面に並べられている。

リニューアルに伴い、売り場面積を広くしたのが、店内入り口付近にある「日本酒コーナー」。こちらには秋田県内の蔵元から取り寄せたオススメの日本酒がずらりと並んでいる。取材に訪れた12月は新酒が出始める季節とあって、しぼりたての生原酒なども充実していた。純米酒、純米吟醸、純米大吟醸など最近人気が高まっている純米酒を中心に、新商品などにもいち早く対応しているという。
「秋田のお酒とひとくちに言っても、その種類や味わいはさまざまです。気になるお酒があったら、ぜひお声を掛けてください。試飲できるお酒もありますので、ぜひ実際に飲んでいただければと思います」と加藤さん。7,000円以上で送料無料となるので、重いからと敬遠せずにぜひ利用してみては。

イメージがわかりやすいよう、陳列

メーカーごとに商品のイメージがわかりやすいよう、陳列。

コーナーごとにチーム分けして、より深い商品知識を。

お土産品として気軽に選べる「お菓子」。売り場面積も非常に広く取ってあり、メーカーごとに分かりやすく陳列されている。秋田で昔から親しまれて来たお菓子や、特産品を使って開発されたお菓子など、その種類は幅広い。和風のものから洋風のものまで、ひとつひとつの商品が見やすいように陳列されている。
「お菓子だけに限ったことではないのですが、秋田県内ではさまざまな商品がどんどん開発されています。新たな商品は必ずスタッフみんなで食べてみることにしています。そうすることで、スタッフそれぞれが自分の感想を持ち、商品を理解できます。そうしなければ、お客様に説明できません。店内をリニューアルしてから、面積が広くなったこともあり、扱う商品数が増えました。また、以前はカウンター越しにお客様と会話することが多かったのですが、今はお客様とより近い位置でお話することが出来てとても良かったと思っています」。
お菓子やお酒以外に、工芸品、雑貨のコーナー、いぶりがっこなどの漬物や加工品のコーナーなども充実している。
「各コーナーごとに担当分けして対応しています。もちろん、どのスタッフもすべての商品を把握はしているのですが、より専門的な知識はそれぞれの担当が持つようにして、お客様のニーズに対応していきたいと考えています」。

加工品も充実!

ハムやベーコン、ソーセージなどの加工品も充実!

空港を利用しない人が買い物目的で来てくださるお店に。

この「あ・えーる」を利用するのは主に空港を利用する人である。これから飛行機に搭乗する人、送迎で訪れた人がほとんどだ。
「でも、空港を利用するついでではなくて、このお店に用事があって訪れてくれるという方を増やしたいんです」と加藤さんは話す。
「ここには、秋田のさまざまな特産品がいっぱいあります。秋田の方だからこそ、ここに来て知らなかった商品に出会っていただきたいですし、ファンになってもらいたいと思っています」。

小玉醸造「今人」のPOP

小玉醸造「今人」のPOP。ジョン・レノンの命日12月8日に発売される。

オススメがひと目でわかるPOP

スタッフのオススメがひと目でわかるPOP。

少しでも「なんだろう、これ?」と思ってもらいたいというスタッフの気持ちが表れているのが手書きのPOP。商品のそばに貼られているもののほか、入り口付近に立てられているPOPがあり、色とりどりの文字やイラストが目を引く。加藤さんに誰が描いているのか尋ねてみると「若いスタッフたちが自発的に描いてくれています。商品の魅力を少しでも多くのお客様に伝えたいと思っているんです」と教えてくれた。

また、その日採れた新鮮な野菜や卵が並べられている「産直コーナー」も設けられた。観光客だけでなく地元の人の目に触れやすいよう、店舗入り口付近に設置。
「やはり産直コーナーは秋田市内の方に人気です。道路が整備され、秋田市の中心からもかなりアクセスが良くなりました。気軽に空港に遊びに来て、秋田のおいしいもの、素晴らしいものを買いに出かけていただけたらと思っています」。
「秋田にこんなものがあったのか!」と、思わず驚くような商品も珍しくない。
秋田の良さが再発見できる「あ・えーる」で、新たな出会いを探してみませんか?

みなさまのお越しをお待ちいたしております!

みなさまのお越しをお待ちいたしております!

前の記事へ
記事一覧へ
次の記事へ

ページトップへ