じゅんさい特集

ホーム > 特集ページ一覧 > じゅんさい特集

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

日差しが眩しくなってきた5月。清らかな水が流れ込む沼は、日を追うごとにじゅんさいの楕円形の葉で覆われていきます。1畳ほどの小舟を浮かべて手作業で行われる、昔ながらのじゅんさいの摘み取り。のどかな光景は秋田県三種町の初夏の風物詩です。

「じゅんさい」って何?

じゅんさい

つるりとしたゼリーのような舌触り。みずみずしく、すっきりとした味わい。透き通るゼリー質に包まれたその美しい緑色は、「水中のエメラルド」と表現されます。
万葉集にも「沼縄(ぬなわ)」と歌われ、古くから高級食材として珍重されてきたじゅんさい。日に日に夏を感じさせる5月から残暑の厳しい8月頃にかけて、収穫の最盛期を迎えます。沼で育つじゅんさいは、小舟に乗った摘み手たちによってその穏やかな水面からひとつひとつ、丁寧に摘み取られていきます。

三種町はじゅんさい生産量が日本一!

じゅんさい

じゅんさいの名産地である三種町は、秋田県北西部に位置し、北に白神山地、南に男鹿半島を臨む、自然豊かな町です。森岳の温泉や夏に開催されるサンドクラフトでも知られているこの町には、古くからじゅんさいが自生する沼や池がたくさんありました。
じゅんさいの成分は98%が水分で、栽培には美しい水が不可欠です。白神山地のふもと、素波里(すばり)ダムから引いた清らかな水や、豊富に湧き出る地下水がおいしいじゅんさいを育んでいます。
米作りも盛んに行われていたこの町では、田んぼを利用した沼も多くあります。水深が60cm程度と浅く、現在はここでじゅんさいの摘み取り体験も盛んに行われており、多くの観光客が訪れています。

じゅんさいの美味しさに迫る!〜じゅんさいのおいしい食べ方〜

生じゅんさいは水洗いと湯通しを、加工じゅんさいは水につけて酢抜きをしてから料理します。なめらかな舌触りを楽しむために、下ごしらえは手早くするのがポイント。この他にも丼ぶりの具やバター醤油炒めなど、さまざまな食材と相性の良いじゅんさいはレシピが多彩です。

和え物

酢味噌やからし醤油と和えて。
お好みでわさび醤油やしょうが
醤油でも。

汁物の具

お椀にじゅんさいを入れ、
味噌汁やスープを注ぎます。

酢の物

きゅうりや春雨などをのせ、
三杯酢(砂糖、醤油、酢を
各1の割合)で。

天ぷら

洗って水気をとった生じゅんさい
に、天ぷら粉、衣をつけて強火で
カラッと揚げます。

じゅんさい生産者イチオシ!じゅんさい鍋のレシピ

じゅんさいは素材の味を生かした食べ方はもちろんのこと、秋田ならではの食材を組み合わせた食べ方もおすすめです。なかでも、じゅんさい鍋は地元の人にも大変人気のある料理です。では、鮮やかな緑色が美しい、じゅんさいたっぷりの贅沢な鍋のレシピをご紹介します。

水洗いした生じゅんさい、ミズ(山菜)、きのこ、だまこ餅、比内地鶏つみれを用意します。

比内地鶏ガラと醤油をベースにスープを作り、つみれ、きのこ、だまこ餅、ミズの順に入れて煮込みます。

最後にじゅんさいを入れ、鮮やかな色に変わったらできあがりです。

※鶏肉や白身魚などに合わせたり、ニンジンやゴボウ、
ネギやセリを加えるのもおいしくいただけます。

おいしく作るコツ!

じゅんさいは食べる分ずつ鍋に入れ、あまり火を加え
すぎないほうがおいしい!

「石川さんの沼」代表、じゅんさい生産者の石川さんに伺いました。

石川さん

今回、取材スタッフが訪れた「石川さんの沼」。代表の石川さんは、稲作と並行してじゅんさい栽培をしています。田んぼを利用して作った沼の一部では、無農薬のじゅんさい栽培もしています。摘み取り体験を始めたのは2、3年前から。取材に伺った日も摘み取りを楽しむ人の姿が見られました。「当初はこんなにお客さまが来てくれるとは思いませんでした。自分が楽しんで作っているじゅんさいを目当てに、お客さまが来て、喜んでくれる。それを思えば苦労はありませんね」と石川さん。美しい秋田の水に育まれたじゅんさいは、このような体験を通じて、これからも多くの人に愛されていく食材であり続けるに違いありません。

■ 今回の取材に協力してくださったお店

じゅんさいの館/じゅんさい情報センター

じゅんさいの館/じゅんさい情報センター

国道7号線沿いに広い駐車場を確保し、食品売り場とお食事処を併設しています。じゅんさいをはじめ、採れたて野菜や山菜、地元食材の加工品などを販売。
「じゅんさいの館」館内にある「じゅんさい情報センター」では、じゅんさいの摘み取り体験の申込みができます。流しじゅんさいイベントや三種町の新ご当地グルメ「じゅんさい丼」、じゅんさいレシピなど、じゅんさいに関する情報が豊富です。

じゅんさいの館

〒018−2303
秋田県山本郡三種町森岳字東二ツ森97
TEL:0185-72-4355
FAX:0185-72-4366
ホームページはこちら

じゅんさい情報センター

営業時間:9:00〜17:00
定休日:なし
TEL:0185-88-8855
FAX:0185-88-8856
ホームページはこちら

【じゅんさい鍋についてのお問い合わせはこちら!】
有限会社サンクラ

〒018-2304
秋田県山本郡三種町豊岡金田字豊岡198
TEL:0185-83-3700
FAX:0185-83-3701

前の記事へ
記事一覧へ
次の記事へ

ページトップへ