金萬特集

ホーム > 特集ページ一覧 > 金萬特集

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

秋田を訪れた人なら、一度は見かけるだろう「金萬」の文字。
そこには、ふっくらとまるい黄金色の饅頭の写真が添えられています。
秋田県内だけでなく県外の方にも長い間愛されてきたこのスイーツは、秋田の土産物として不動の地位を築いています。
しかし、この金萬。一体どんな物語を持っているのでしょうか──。

秋田銘菓「金萬」とは?

金萬

金萬は、ほんのり蜂蜜の風味がするカステラ生地の中に、上品な白餡を包んだお饅頭です。しっとりとした生地、食べやすいサイズで老若男女問わず、人気があります。秋田県民にとっては、幼い頃からなじみのあるお菓子であり、県外の人へのお土産に持って行って自慢したい逸品です。
 金萬は昭和28年、秋田駅西口の「金座街」にオープンしました。この金萬という名前は「金座街のお饅頭」ということでその名が付けられました。金座街は戦後の秋田の復興の象徴ともいえる場所であり、多くの人が行き交う場所でもありました。活気溢れる秋田の駅前にあった金萬のお店では、ガラス越しにその作られる様子を見ることができたため、そこに漂う甘い香りとあの形を作り出す機械の動きに引きつけられた子どもたちは、お店の前で釘付けになっていたといいます。

金萬ができるまで

子どもたちを長い間虜にしてきた、この黄金色の金萬は一体どうやって作られてきたのでしょうか。

生地を練る

生地には小麦粉、卵、砂糖、はちみつを使用。できるかぎり秋田県産の材料を使っています。また、レシピは創業当時から変わっておらず、当時からクオリティーの高い商品だったことが伺えます。

白餡を作る

白餡のほどよい甘さは砂糖のみで調節、ふんわりとした白餡を作るために卵を使用しています。できたてはとても柔らかいため、加工しやすい状態になった白餡を使用します。

製菓機で焼く

金萬のふっくらとしたまるい形は、専用の機械によって作られています。焼きたての金萬は、職人さんの手によって一つ一つ丁寧にその出来ばえをチェックされています。焼き型からくるっと取り出された金萬は、その美味しさを守るため「だし」と呼ばれる木箱へと綺麗に並べられます。

金萬の美味しさをいつでも、どこでも

昔ながらの手法で作られる金萬の賞味期限は、生のものですと3日ほど。現在では真空パックの商品も販売していますが、実際にお客様に買いにきてもらうことで、焼きたての金萬の美味しさを味わっていただきたい、という思いは創業当時から今でも変わりません。

金萬

金萬のおいしさ復活方法

焼きたての金萬はふわふわで格別!焼きたてを食べる機会がなかなかないという方でも、もう一度焼きたてのようにおいしく金萬を味わうことができる、とっておきの方法を3つ教えていただきました!

賞味期限が3日間という「生」の金萬の販売が主でしたが、昭和56年の秋田空港開港に合わせて真空パックの商品が作られるようになりました。そのため遠く離れたところにも金萬の美味しさを届けられることに。また、賞味期限も10日間と長いため、空港へ訪れる多くの方にお買い求めいただけるようになりました。

復活方法

「変わらぬ味に真心こめて」を信条に

創業から60年余りの金萬。現在は、「秋田銘菓」として県内外の多くの方に愛されているお菓子といえます。創業当時からの“変わらぬ味に真心こめて”のキャッチコピーの通り、ずっと守られてきた懐かしさを感じる優しい甘さ。黄金色の金萬を、ぜひご家庭や職場で味わってみてください。

■ 今回の取材に協力してくださったお店

株式会社 金萬

株式会社 金萬

〒010-0001
秋田市中通2-3-8アトリオンビル8階
電話 : 018-832-6789
※写真は金萬店舗

金萬の商品はこちら
前の記事へ
記事一覧へ
次の記事へ

ページトップへ