だまこ餅、みのり餅特集

ホーム > 特集ページ一覧 > だまこ餅・みのり餅特集

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

秋田県北部、日本海側に面する能代市。
バスケットボールの町としても知られるこの地で、能代市民に愛され続けている、秋田の和スイーツ「だまこ餅」をご存知ですか?
口に含むとちょっとひんやり。モチモチの生地の中から、プチンと黒ごまダレが口の中に溢れ出す。そんな驚きとおいしさが一度に楽しめるのがこのだまこ餅です。また、黒蜜を生地に練り込み、黒蜜きな粉ダレを包んだ「みのり餅」も人気です。
今回はこのおいしさを守り続けている「セキト」さんにお話を伺います。

だまこ餅、みのり餅

樺細工とは?

「セキト」は長い間、能代市民はもちろん、秋田県民に愛され続けているお菓子屋さんです。昭和12年、関戸敬治さん・キサさん夫婦がおやきの製造、販売をしたのが始まりで、次第に春にはあんこをたっぷり絡めたお餅「志んこ」や、夏にはアイスキャンディー、秋・冬はおやきを目玉商品として販売するようになりました。
キサさんは早いうちから「今後はケーキなどの洋菓子の需要も増える」と考えていたそうです。そして、昭和37年には洋菓子部門を設立。今でも店舗には和菓子のほか、ショーケースにはケーキ類も数多く並んでいます。

老舗のお菓子屋さん
こだわりの「生新粉」とは?

セキトさんで使われている新粉は、ほかとはちょっと違います。通常は乾燥したうるち米を挽いて作ったものが一般的ですが、こちらでは米を洗って浸水させてから水分を切り、それを粉にしたものを使っています(これを「生新粉」と呼びます)。水分を含んだ生新粉を使うことでお餅にコシが生まれ、ただ柔らかいだけではない独特のキチキチとした食感が生まれます。これは生地がしっかりしている証拠といえます。

だまこ餅とみのり餅

昭和61年、おいしくてインパクトのある商品を追求し、開発されたお菓子が「だまこ餅」です。生地にはこだわりの「生新粉」を使用しています。中に入れる餡は、粒子の細かい黒ごまを使用することで、口の中でプチンと弾けて飛び出すよう工夫されています。また、製造過程で急速冷凍することで、よりコシのあるお餅に仕上がります。ひんやりモチモチ、濃厚な黒ごまの旨味をふんだんに含んだペーストが口の中で弾け、香ばしさ満点です。
また、「ごま味が苦手な方にもこの食感を楽しんで欲しい」という思いから作られたのが、「みのり餅」。生地に黒糖を混ぜ、中の餡も黒蜜きな粉味になっています。トロリとした黒蜜きな粉のペーストとお餅の相性は抜群です。ただし、どちらの商品も詳しい作り方は企業秘密。しかしながら、創業者が大切にしていた「生新粉」へのこだわりと、その特性を生かした商品づくりへの熱い思いが、お話を聞くほどに伝わってきます。

だまこ餅とみのり餅
株式会社セキトの専務、関戸優さん

創業以来のこだわりを、守り続けるということ。

オリジナリティー溢れる商品がいっぱいのセキト。その商品への熱意を関戸優専務に語っていただきました。
「もともとは、町の小さなお菓子屋さんだったんですよ。他にも同じようなお店が市内にたくさんあったと聞いています。創業者の妻・キサは、私の祖母に当たるのですが、とても先を見る力がある人でした。 当時から洋菓子の必要性を訴えていましたし、他のお店との差別化を図る意味でも、生新粉へのこだわりも持っていたのだと思います。

通常の和菓子店では、新粉の状態で仕入れていると思いますが、私たちはお米の状態で仕入れ、自分たちのところで生新粉を作っています。使用するうるち米は、能代・山本地区のものを主に使用し、もち米も秋田県産を使用しています。また、うるち米はササニシキとあきたこまちの2種類を仕入れ、商品によってその配合を変えています。受け継いだ味をそのまま守り続けるだけでなく、その良さをもっと生かせる商品開発をしたい。今後も、新たな商品作りをしていきたいと思っています」。
創業者から受け継いだ味と技術を守りながら、受け継いだ味をよりよく生かしていくためにどうすべきか。自分たちの技術に絶対の自信があるからこそ、セキトはこれからも新しいおいしさを生み出すための追求を続けていきます。

■ 今回の取材に協力してくださったお店

株式会社 セキト

株式会社 セキト

〒016-0817
秋田県能代市上町12-2
電話 : 0185-54-3131
定休日/水曜(行事などにより、変更となる場合あり)
http://www.sekito.net

前の記事へ
記事一覧へ
次の記事へ

ページトップへ